*

経済破綻への対策 個人⑥ 英語を学ぼう!

公開日: : 最終更新日:2013/12/01 経済破綻への備え 個人

「英語、お得意ですか?」 私を含めて日本人は本当に英語が苦手ですよね。しかし今、いくつかの理由で英語を学ぶことが重要だと考えています。そして私も勉強を始めています。

英語が必要な理由① 海外で生活することも視野に入れる

日本経済が破綻してしまった場合、一時的に海外で働いたり、海外で生活することも考えられます。

物価が安定せず、食べ物の確保が難しくなり、治安の悪化が現実のものとなった場合、海外に避難する必要が生じる可能性がないとはいえません。

そんな時に、せめて日常使う程度の英語をマスターしておけば、精神的な負担も軽減されるでしょう。もちろん避難先の言語を話せるのが最も理想ですが、今から国を限定して勉強をしても、その国にいくことができなければまったく約にたたないことになります。

そんな中やはり英語は世界で最も話されている言語。(人数の上では中国語かも知れませんが、世界の国々で通用するのは英語だと思います)話せるようになることで損をすることは何もありません。

日本の状況が悪くなるにつれて、企業は海外への進出をさらに強化することになるでしょう。そんなときに、海外赴任の話が来るかもしれません。もしくは、日本を離れ海外で生活するにあたり、そこで仕事に就かなければならないかもしれません。

英語が必要な理由② 国内にいても外国人相手の仕事が増える?

円が安くなると、海外からの観光客も増加します。飲食店であろうが街の喫茶店であろうが、海外の観光客取り込むことが、売り上げを上げるチャンスとなります。

日本は海外の観光客からすると、コミュニケーションがとりづらいという問題を上げる方が多いそうです。そんな中で、英語のメニューや英語での接客が可能であれば、いち早く売り上げを回復できることにつながります。

また、楽天やユニクロは、すでに「英語」が会社の公用語です。ミーティングも英語でやるそうです。
今後ますますこのような企業が増えていくでしょう。

もしくは、自分の会社が海外の会社に買収され、子会社化することも考えられます。こうなるともっと深刻で、「英語が話せない=上司と意思疎通できない」という方程式も成り立ちかねません。

英語は、ひと月やふた月でものにできるものではありません。今から少しずつ勉強を始める必要がありそうです。

ad

関連記事

マイホーム

経済破綻にそなえる 個人② ローンによるマイホームの購入より賃貸

憧れのマイホーム。世の中の多くの夫婦が憧れていることでしょう。 しかし、現在の日本の状況を考えると何

記事を読む

経済破綻から家族を守る

経済破綻にそなえる 個人① 変動金利から固定金利への借り換え

経済破綻が起こった時、急激なインフレが進む懸念があります。その場合、変動金利で住宅ローンなどを借りて

記事を読む

国家

経済破綻に備える 個人③ 資産の分散

資産の分散について 「卵は一つのカゴに盛るな」という投資の世界での格言があります。 意味は、

記事を読む

家庭菜園を始めよう

経済破綻にそなえる 個人④ 家庭菜園のすすめ

経済が混乱しインフレが進むと、食べ物の価格も上昇していくことになります。このような状況になる前に出来

記事を読む

時計

経済破綻にそなえる 個人⑤ 固定費の削減

「今からできる対策がないのでしょうか?」経済破綻がいつ起こるか正確なことは誰にもわかりません。でも、

記事を読む

ad

ad

新紙幣発行
仰天!『インド高額紙幣使用禁止』

「インド高額紙幣使用禁止」から、インドではかなり混乱した事態になってい

アメリカ大統領選
トランプ氏勝利!!…日本にとってどのような影響があるのか?

次期アメリカ合衆国大統領はトランプ氏に決定! 2016年11月9

アメリカ大統領選
クリントン氏とトランプ氏とのテレビ討論会でクリントン氏有利に!?

2016年9月26日(現地時間)アメリカ大統領、民主党候補クリントン氏

ポートフォリオ
GPIFとは? 年金はちゃんと運用されてる?

ニュースでたまに出てくる「GPIF」という単語。アルファベット4文字な

日銀黒田総裁会見
マイナス金利も不発!?日銀の限界か?

9月5日、日銀の黒田総裁は会見の席上、2%の「物価安定の目標」をできる

→もっと見る

PAGE TOP ↑