*

副業のススメ Amazon輸出をやってみる

公開日: : 最終更新日:2013/12/27 副業やってみました ,

財政破綻一歩手前の日本。

一部の大企業を除いて、これからますます中小企業はしんどくなります。そして、中小企業で働くサラリーマンの方々も給与は上がらず、最悪リストラもないとは言えません。そこで、自ら収入を複数持ちリスクヘッジすることを真剣に考えましょう。

これからご紹介する内容は、実際に自分で一からやってみて、大変に思った事や面白かったこと。やり方などをご紹介します。

Amazon輸出について

「Amazon輸出」とは、アメリカのAmazonにセラー(販売者)の登録を行い、商品を販売する事です。

当然購入者はほとんどアメリカ人またはアメリカ在住の外国人です。購入された場合、日本から国際郵便を使って商品を発送する事になります。つまり、個人で輸出販売を行うことになります。

興味を持った理由

私がAmazon輸出に興味を持ったのは、今後日本の経済が更に悪化し、円が弱くなることを想定して「ドル」での収入を持とうと思った事が始まりです。

円が弱くなることは、輸出事業にとっては有利に働きます。しかし大企業でない一個人が普通に副業で輸出事業を出来る訳ではありません。つまり個人は円安のメリットなかなか受けられないということです。

しかし、このAmazon輸出を行う事で、一個人があのAmazonに商品を掲載でき、集客・代金回収などのリスクを最小限に事業展開を行う事が出来ます。

Amazon輸出は今後の円安傾向にもってこいの事業といえます。

面白い点

Amazon輸出の面白いところは、どれだけ「売れる商品を見つけることが出来るか」という商品のマーケティングでしょうか。

ありきたりな商品でも、価格をもっとも安いランクに合わせて掲載する事で、売れるには売れます。しかし、誰でも扱っている商品は価格も下落傾向にありそれほど利益率が高くありません。

それでも事業として販売している業者は、仕入れ価格を下げることで、一般の個人が副業でやっている人よりコストを下げることが出来、数を販売する事で利益を出すことも出来るでしょう。

しかし、私たちが副業で行うにはそれほど時間も、コスト圧縮出来る程のロットを扱うことは出来ません。従って、ニッチな商品でも利益率が高い商品をどれだけ見つけて販売出来るかがポイントとなります。

ハードルはやはり「英語」

Amazonは、Ebayと違い、商品を管理画面から登録することで、ほとんどのことをAmazonがしてくれます。従って、お客さんと英語でやりとりを行う事はほとんど有りません。

しかし、Amazonからの連絡は当然英語ですし、管理ツールも英語(当たり前ですが)全てが英語ベースとなります。

従って、英語があまり得意では無い方にはあまりおすすめ出来ません。もちろん翻訳ツールを使いながらされている方もおられるので、100%無理だという訳ではありませんが、売れる商品を探したりする事に結構時間もとられるので、それを慣れない英語の管理画面で登録したり、説明分を英語で作成することがやはり負担となっては長続きしないでしょう。

向いている方

英語が得意または英語を覚えることが全く負担に感じない方で、商品販売に興味があるのであれば、日本のAmazonで商品を販売するより絶対こちらをおすすめします。

英語というハードルが、得意な方にとっては、競合の参入障壁となり、競争が幾分か少なくなります。それに今後円安が進む状況になれば、アメリカの購入者にとっては、どんどん商品が割安になっていきます。

実際にやってみて

アメリカのAmazonにセラーとして登録するまでにいくつか行わないといけないことがあります。一つはアメリカの銀行口座を開設する。

日本にいながらアメリカの銀行口座なんて出来るのか?と思いますが、これは「Payoneer(ペイオニア)」という口座をレンタルするサービスを使う事でクリアする事が出来ます。

具体的な開設方法などは、Amazon輸出を紹介している書籍にのっていますので、詳しくは書きませんがそれほどハードルは高くありません。

後は税金の申告でしょうか。当然アメリカで販売していますが、日本に在住していることでアメリカで納税する義務が無くなります。これらを証明する書類をAmazonに提出する必要があります。

こちらも書籍に詳しく載っていますので、そちらを参照下さい。
いずれにしても、最初は書籍を見ながら少しずつ実践していかないと簡単にはできない事業です。

実際私はというと、正直今の私の英語のレベルでは、厳しいです。まあでも、それでもこつこつと進めています。

おすすめ書籍

ad

関連記事

地下鉄 ビジネスマン

副業のススメ ピクスタ等で写真の販売をしてみる

財政破綻一歩手前の日本。「このままでは危ない!」とお考えの貴方。私は貴方が正しいと思います。そこで、

記事を読む

副業のススメ 日雇い派遣労働で物流センターの仕分け業務やってみました

副業には日雇いの派遣労働というものもあります。どのようなものかというと、仕事を紹介する会社「派遣会社

記事を読む

ad

ad

新紙幣発行
仰天!『インド高額紙幣使用禁止』

「インド高額紙幣使用禁止」から、インドではかなり混乱した事態になってい

アメリカ大統領選
トランプ氏勝利!!…日本にとってどのような影響があるのか?

次期アメリカ合衆国大統領はトランプ氏に決定! 2016年11月9

アメリカ大統領選
クリントン氏とトランプ氏とのテレビ討論会でクリントン氏有利に!?

2016年9月26日(現地時間)アメリカ大統領、民主党候補クリントン氏

ポートフォリオ
GPIFとは? 年金はちゃんと運用されてる?

ニュースでたまに出てくる「GPIF」という単語。アルファベット4文字な

日銀黒田総裁会見
マイナス金利も不発!?日銀の限界か?

9月5日、日銀の黒田総裁は会見の席上、2%の「物価安定の目標」をできる

→もっと見る

PAGE TOP ↑